こんばんは!美容メーカー長田拓也です。

Twitterはこちら





Instagramはこちらです







ディーラーさんもPOP講習しましょう! 


本日はディーラーさん向けのPOP講習でした! 


FullSizeRender 42



この写真は皆でPOPを作っている途中での瞬間。

*Oさん撮影ありがとうございました!


皆さん悩みながらでしたが、POPの本質というのを分かって頂けたのではないかと思います。



せっかくなので今日はPOPの話を。



POPでの販促をご提案すると


「やったけど全然反応がなかった、全然ダメだったからやりたくない」


とおっしゃられる時があります。


えっと、いきなりきつい書き方しますね。



反応がなかったのは恐らくPOPの文章が原因です!


お客様が無反応だったPOPはどんな風に書かれていましたか?と僕がお聞きすると


ほとんどが


①『ダメージ毛にピッタリ!ツルツルトリートメント』

②『乾燥肌にオススメ!ボディーミスト』


といった抽象的なワードが多いです。



本日の講習でもお話しさせて頂きましたが、パッと見て響きそうな言葉でも意外とお客様に響かないことも多いです。


上のワード2つを修正すると


① 毎日コテやアイロンを使うため、髪のパサつきが気になる方にはこれがオススメ!


② 昔は化粧水だけでもちもちだったのに、今は化粧水、乳液をしないと粉をふいちゃう(泣)そんなあなたにオススメ!全身使えるモチモチローション!



例ですが、こう書いているとどうでしょう?


反応率は絶対変わりますよね。


POPで一番大切なのは



『誰に』


です。



あなたが書いたPOPには「誰」が分かりますか?


反応がないということは、POPを見てもこれは私ではない、もしくは響いていない場合が多いです。



要は〜なあなたという前言葉が絶対必要です。



これは私だ、自分だそう思えるようなワード作りをPOPは意識して作成しましょう!



本日もお読みいただきありがとうございました!