こんばんは!美容メーカー長田拓也です。

Twitterはこちら





Instagramはこちらです







悪いことよりいいことを


75ffd15607f5fdb009ddcf4fb55dd051_s


先日飲食店をやっている友人とご飯を食べる機会がありました。


僕がお仕事させてもらっている美容室も業種は違えど同じ接客業。


結構悩みだったりも似ていたりします。


そんな中、その友人がこんなことを話してくれました。


友「結構昔はバイト雇ってもすぐ辞めてて大変やってんけど、あることするようにしてから辞めへんようになったわ」

長「えっ何したん教えて!美容室のオーナーも結構人の問題で悩んでいる人多いんよ。」

友「よくアンケートみたいなやつあるやん?お客さんの声みたいな」

長「ああ、接客態度が良かったら5とかってやつやんね。」
 
友「そうそう、それをお客さんからもらうようにしてん。」

長「えっそれだけ?」

友「せやで。でもそれがすごい効果あってな。」

長「うん。」

友「今までは、悪かった所書いて下さいってやっててんけど、それを変えて本日来店して一番良かったスタッフの名前と一言だけ書いてもらうようにしてん。

 たった一言でって思うやん?
 
 でも、スタッフからしたら自分の名前書いてあって、「ありがとうと」「美味しかった」「また来るね」だけでもめっちゃ嬉しいんよ。中にはめっちゃ長文書いてくるれるお客さんもいて、その書いてくれたスタッフ持って帰りますってめっちゃ喜んでたわ。

お店終わってから皆で集まってそれ読んで「俺の名前あったー!」とか「うわ〜一票負けたー」とか盛り上がってねん。そっから人全然辞めんようになったわ。」
 

とこんな話をしてくれました。

友人O、いい話ありがとう!


この話聞いて、なるほどなーと思いました。


悪かった所を知るのは確かに大切ですが、改善点ばかりのアンケート何枚も見たくないですし、何より今のお客さんわざわざ用紙に書かずにtweetとかするんじゃないでしょうか。

「あのお店最悪やっった。」
(ある意味怖い時代です)

ffb290b3fe02a8932154aed300601db4_s

 
最近はAI、人工知能が最近話題ですが、人間との大きな違いって感情だと思うんです。


例えば数学の授業を例に挙げてみましょう。



0db048322406acb3c631aeeed97e7002_s


授業の内容を効率的に教えるというのは機械の方が優れているかもしれません。
(計算も早いでしょうし)


でもその数学を教える先生がめっちゃ数学が好きで、

この証明とかってめっちゃ面白くない?って生徒に向かって熱く話したり、


数学俺めっちゃ好きやねんって楽しそうに教えたら、

その授業を受ける生徒の感じ方って全然変わりますよね。


これが感情ってことじゃないでしょうか。


笑顔が多い所に人は集まります。


人が辞めてしまう原因は色々あると思いますが、職場の環境ってすごく大切です。

色々なお店を見てきてますが、やっぱり笑顔が多いお店は人が辞めないですし、その逆は結構辞めちゃってます。

そういった意味でも、もしあなたが人で悩んでいるのであれば

お客様に良かった所、スタッフを一言書いてもらうアンケートぜひ始めてみてください。

本日もお読み頂きありがとうございました!