皆さん、こんにちは!フォーフルールサロン繁盛サポーターの長田です。


昨晩、仕事を終え、寝る前にFacebookを見ていると、いつも仲良くして下さっている方がシェアしていた、ある動画が目に止まりました。

 

それがこちらの動画



 

近畿大学の卒業式で堀江貴文氏が送ったスピーチです。

 

16分ほどの動画ですがさっと見れると思いますので、ぜひ見てみて下さい。

私自身非常に考えさせられるスピーチでした。

その中で何点か残った言葉を書き出したいと思います。

 

これからは仕入れた情報を、自分の頭で考えて、そして自分で発信して、頭の中を整理して、自分で考える癖をつけていかないといけない。

今の常識は10年後、20年後は全く通用しないようになっている可能性が非常に高い。

 

未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。

 

常識に縛られるな

 

映像の中でもご自身で話されていましたがジェットコースターのような人生を歩まれてきた堀江氏だからこそ話される言葉ですね。


このスピーチの中で堀江氏が

「10年前にスマホをこれだけの人が持って、歩きスマホをしながらラインしたりツイッターでつぶやくことを誰が想像できたでしょうか?」

という言葉があります。

確かにそうですよね?

私自身、10年前に34歳の自分がこうやって自分のサイトを作成し、ブログを日々更新し、FacebookやTwitterなどから情報収集をする日々を送っているなんて全く想像していませんでした。


これだけ社会というものが大きく変化するスピードがどんどん速くなっているのでしょう。


昨晩テレビ東京のWBSにて1000円カットQBハウスを運営するキュービーネット・北野社長が【理容師、美容師の資格統一】について以下のようなコメントをされていました。

 

EFBCB1EFBCA2E3838FE382A6E382B9

・理容師は理髪店でしか働けない、美容師は美容室でしか働けないため柔軟な人材の配置ができない
・お客様も融合している以上働いている人も融合して、得意な技術を持ち合って満足してもらえるサービスと生産性の高いビジネスを作り上げているかというラストチャンスなのでは

 

スタジオに来られていたコメンテーターの方も

「何だか、今の時代に合っていない制度ですよね。
とコメントされているのも印象的でした。

昔ながらのいいものは残していくことは確かに必要なことでしょう。

ただ昔の考えや制度の変化を見直し、変えなければ、美容業界は異業種からもっととり残されていく業界になるのかもしれません。

今の当たり前がこの先ずっと続くという保証なんてこの先ないのですから。


堀江さんのスピーチを見て色々考えさせられました。