皆さん、こんばんは!フォーフルールサロン繁盛サポーターの長田です。

「長田さん、お客様にご提案しても中々お話を聞いてもらえないんです。」

こんなお悩みを先日頂きました。

241

 
あなたはこんな悩みを部下や後輩に打ち明けられたらどうしますか?
色々対応はあると思いますが『聞いてもらえない』こう思っている時点で、それはお客様のことを本当に思って提案していないのではないでしょうか?と私はお答えすると思います。

この言葉を深く考えると

聞いてもらえない

私はこんなにやっているのにどうしてこの人は分かってもらえないんだろう


と自分主体の考えですね。自分は悪くない。考えてみて下さい?

ご提案というのは相手の悩みを解決し、その結果お客様が満足して頂けることです。


つまり聞いてもらえないということは、お客様の悩みにヒットしていない訳です。だから話も聞き流されます。

real_orz


例えばですが、最近白髪が増えてきたと実は悩んでいる人にシャンプーを提案しても、響かないでしょう。

そんな時のお客様の心の声は『いや、今別にシャンプー欲しくないし!気になるの白髪だし!!』かもしれません。

 

それでしたら、白髪のメカニズムや改善策などをカット中にお話した方が、店販品を販売するより、その方にとってはとても役にたつモノになります。

1cc760f7083e567a0d4124c16ffb6602_s

なので、それは店販やメニュー提案も同じ。

これらの比率が高い人と低い人の違いはお客様の悩み、問題点をすぐに見つけて素早く解決策をお話しできているかです。

髪の悩みが全くないという方は少ないです。

本を読んでいる時、シャンプー上がり、スタイリング前。これらの一瞬一瞬のお客様のアクションをしっかり見逃さないこと。

これがとても大切ですね。自分ではなく相手が何を望んでいるのか?ここを見極める力が上がれば自然と提案力も上がってきますよ。