この言葉って知らず知らずに言ってたりするんですよね。

 

皆さん、こんにちは!フォーフルールサロン繁盛サポーターの長田です。

 

もしTwitterやっていたらフォローお願いします!フォロワーおかげさまで900人突破!

 


 


自分の言葉の癖知ってますか?


 

髪を触る、腕をくむなど癖ってありますよね?

 

自分では意識していなくても友人知人から、こんな癖あるよね?なんて言われて癖に気づいたなんてことはないでしょうか?

 

そういった行動の癖と同じくらい、意識しなければいけないのが

 

言葉の癖。

 

fdd7c03873129f3fbe98876df3a7abd0_s

 

 

よくプレゼンする場面かなんかで

 

言葉の間に「あ〜」とか「え〜」とかって言っちゃう人。

これも立派な言葉癖です。

 

色々な言葉がありますが、自分でもいいと思って使っていても、相手にはあまりいい印象を与えない言葉があります。

 

本日はそれをご紹介させて下さい。

 

 

それが

 

「思います」

 

 

一見柔らかな言い回しのように聞こえますよね?

でも美容室のようなサービス業には実は不向きです。

 

というのも、スタイリングが終わって美容師さんから

「すごくお似合いだと思いますよ!

「すごくお似合いですよ!」

 

どちらの印象がいいでしょうか?

 

とうぜん後者ですよね。

 

いやいや、思いますって自分の技術に自信ないの?って捉えられかねません。

 

言葉は言い切ることがとても大切。

 

実はこの思いますって、ブログのような文章でも、あまり使わない方いいんです。

 

20c2d9831cf298a5195f78bbcf00f8e4_s

 

 

〜だと思います。

〜と思います。

 

こんな感じで「思います」が続くと、信ぴょう性もなくなりますし、何より文章が薄くなってしまうんですね。

 

だから接客でも、文章を書く時でもしっかり言い切ったり断定しましょう。

 

それだけで相手に与える印象は全然変わります!

 

自分の言葉癖が分からないという方は、プレゼンや接客のロープレなどを撮影し、見直してみて下さい。

 

客観的に自分を見ることでたくさんの気づきがあります。

お客様を不安、不快にさせないために、そういった癖は修正する習慣をつけましょう!

 

本日もお読み頂きありがとうございました!