皆さん、こんばんは!フォーフルールサロン繁盛サポーターの長田です。

 

もしTwitterやっていたらフォローお願いします!フォロワーおかげさまで900人突破!

 


 

 
インスタグラムはプライベート中心ですがこちらもよろしければ(^^)

 





今日の帰りのお供 #炎の経営者 #高杉良 #読書 #新大阪から小田原 #2時間半 #まったり帰る #book

Takuya Nagataさん(@nagataku0820)が投稿した写真 -




 

常に?をもつメリット


00ad9307c090bf813120cfa16945c360_s

 

今日はおすすめの考え方のご紹介を一つ。

 

 

 

 

私は業界で大ヒットしている商品はまず自分で購入して使用してみます。

 

例えばシャンプーだったら

 

「泡立ち」「香り」「仕上がり」「価格」「操作性」「デザイン」なんか見ます。

 

どうして売れているのか?

 

よく経営コンサルタント、バイヤーの方がこんな言葉をおっしゃっています。

 

「どうしてそれが売れているのか?という考えを常にもちなさい」

 

 

はい、ごもっともです。

 

中身の成分がほぼ同じで、片方は売れるのに、片方は売れない。

その違いは何なんだろう?

 

常に?を持ち続けると今まで見えてこなかったことが見えてくるようになり、自分の考え方がいい意味で修正されるのでおすすめ。

 

現に私の周りの頭がキレるという人は、ほとんどがこの考え方です。

 

 

じゃあ美容師さんは?


 

1b73d3169826f1e53c8690ca5b88d6c5_s

この考えはお店を経営されている美容室オーナーにもぜひ持っていただきたいです。

私はメーカーですので、他社商品を購入するという行動ですが、美容師さんなら何になるでしょう?

 

それは、他の美容室に行くことです。

 

といってもふらっと違うお店に入るのではなく、実績がきちんと出ているお店です。

 

例えばスパを導入しようと決めて、そこまでスパに力を入れていないサロンより、日本一のサロンで体験した方が感じ方や気づきも全然違いますよね?

 

 

よくパーマ比率やカラー比率が下がっているというのは業界のニュースで聞きます。

 

でも全軒が下がっている訳ではなく、上がっているお店もちゃんとあるんです。

 

(商品)売れている=(美容室)繁盛している、メニュー比率が高い

 

結局こういうことなんじゃないでしょうか。

 

今あなたが伸ばしたいメニューは何ですか?

 

「パーマ」「カラー」「カット」「スパ」「トリートメント」

あなたがそのメニュー比率を上げたいのなら業界で一番のお店にまず行ってみて下さい!

 

もし分からないということであれば、今お取引されているディーラーの方に聞いてみて下さい。

「スパだったらあのお店ですね!」ってきっと教えてくれますよ!

 

流行っているお店には必ず理由があります。

その理由は行ってみることできっと感じることができるはずですよ!