こんにちは!美容メーカフォーフルールサロン繁盛サポーターの長田です。

 

もしTwitterフォローお願いします!

 




先日行った耳鼻科での一コマ


 

本日は大阪本社からブログ更新です。

 

先日の喉痛から数日。

痛みや声はましになってきたのですが、イガイガ感、そして咳が止まらないので耳鼻科へ。

 

そこで診てもらった耳鼻科の先生からの説明で思ったことを本日はブログで。

 

いいお医者さんと、そうでないお医者さんの違いは何でしょうか?

 

丁寧?

しっかり診てくれる?

 

など人によって色々あると思いますが

 

僕の場合、病気の原因と対策をしっかり教えてくれるってことがポイントでしょうか。

 

「あ〜、こうしたからこうなってるね。今日からはこうしてね。」

 

先日のお医者さんがまさにこの方でした。

*ちなみに初めての病院です。

 

長「何か半年に1回ぐらい朝起きたら喉痛くなって声が出なくなって。」

医「じゃあ、ちょっと診ますね。あ〜長田さんアレルギーがあるから詰まって....」

 

という感じで説明をして下さったのですが、(ここで十分分かりやすかったです)
途中で先生が小さいホワイトボードに絵を書いてくれました。

 

 

スクリーンショット 2016-07-25 15.15.45

 

↑ここまで詳しくないですが、イメージ図ですね。

 

ここが長田さんは詰まってるから、呼吸が鼻じゃなくて口になってしまってるね。

あとは...。

 

そこで思ったのが言葉だけより、絵を見せた方が伝わる度が半端ないなということ。

 

言葉だけだと忘れやすいですが、イラストの方が結構覚えてたりします。

*学校の授業とかそうじゃなかったですか?

 

美容室で考えると


 

「毛先〜cmぐらい切って、ふんわりしたイメージで。」

 

こんな会話もよく美容室であります。

 

美容師さんは〜cmというのはしっかり分かってらっしゃると思いますが、

 

「えっこんなに切るの?」

「もっと切ってほしかったのに...」

 

お客様のイメージだと結構ずれがあります。

 

でもこれをiPadのようなタブレットだったり、ヘアスタイルの雑誌で切るとこれぐらいになりますよってお見せした方がトラブルも少なくなりますよね。

 

そして、何より分かりやすいっていうのが一番です!

 

もし、やられていない方はカウンセリング時にお試し下さいね!

 

【本日の一言】

 

To firmly tell the customers we'll show you a picture!

お客様にしっかり伝えるには画像をお見せしましょう!